葬儀の準備について知ろう

人が亡くなると葬儀を行いますが、その前には様々な準備が必要になります。

人が亡くなったらまず最初に葬儀社を決定します。亡くなった病院を知らせると担当者が病院に来て打ち合わせが始まります。その時に喪主を決めます。次に病院から死亡診断書が渡されます。病院からの書類を市町村の窓口に提出し、葬儀社と喪主を市の担当者に伝えます。そしたら市の火葬場が使えるようになります。

次の準備ですが、自宅葬にするか会館を使う形にするか決定します。その際に告別式の規模も決定します。規模によって使用する部屋の大きさも変わってきます。無宗教でするか導師を呼ぶかも決定します。導師を呼ぶ場合は導師の宗教も決定していきます。亡くなった人が特定の宗教を信仰していたり、菩提寺がある場合にはそちらに連絡します。キリスト教や神道の場合にも、故人が行っていた教会や神社に連絡を入れます。

葬儀までの遺体の安置場所も決めていきます。ほとんどの場合がお通夜までは自宅で安置して、お通夜の日に葬儀社に移動させる場合がほとんどです。ただし自宅に帰れない場合には、病院から告別式の会場に移動する場合もあります。最後にお通夜や告別式でこだわりの条件を担当者に伝えていきます。最近の告別式は故人らしい告別式を行っていく場合が多くなっています。具体的に言うと、故人が好きだった花を祭壇に飾ったり、故人が好きだった音楽を流したりします。告別式の準備にはこのような事を行う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *