葬儀費用のカラクリについて

辛い出来事ではありますが、葬儀を準備し、しっかりこの世でお別れをするのが、残された人の故人にできる最後の孝行でしょう。

しかし、大きな出費でもなるのが葬儀です。値引きしてもらう、予算を低くするなどは故人への罪悪感を感じることもあり、なかなかできないことではあろうかと思います。ここでは、葬儀の費用はどのように決められているのかご紹介致します。地域、宗派、内容や規模によっても費用は変わっていきますが、一般的に約200万円未満となる方が多いです。この大半は人件費と言われています。

お通夜と葬式を含め、約3日程度かかりますし、少なくても10人以上の業者の人間が動いてくれます。私たちに見える行動だけでなく、会場の準備、お料理の準備、参列者対応、霊柩車の運転など数多くの方が動いてくれています。このような理由から葬儀は決して安くないのが分かると思います。もし値引くとか安いと判断した場合は、これらの人手の質やスピードが落ちてしまうことを懸念しておいた方が良いでしょう。

さらに、葬儀社の出してくれる明細はとにかく非常に細かいです。こちらが必要と考えないものが明細に入っていることもありますので、もし変わらないことがあった場合は積極的に質問をしましょう。その時の担当の方のしゃべり方や対応の仕方で人柄を確認することも重要なポイントです。また落とし穴としまして、香典返しが明細に入っていない場合もありますので、明細を見て全体の費用をよく確認しましょう。
福島の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *