葬儀には各種の費用がかかります

人生最後の儀式である葬儀には、平均すると約200万円の費用がかけられていると、言われています。

もちろん、これはあくまでも平均での計算結果のことでして、実際には、最低で20万円、最高額では1000万円という事例もあります。葬儀の形式や規模、地域での慣習などによって、大きく差が出てくることは事実ですが、これぐらいの費用がかかってくるということは、頭に入れておくべきでしょう。また、昨今では、家族葬や親族葬などという少人数での葬儀も広まりつつあります。そうなると、比較的安価な葬式となることは間違いありません。

葬式で必要な経費は、一式、寺院関係、接待飲食の三つを合わせてものを総称して、葬式費用と呼んでいます。一般には、業者が見積書には、葬式に直接関連したものだけが記載されていて、寺院に対するお布施や飲食接待にかかわるものについては含まれていません。この点で、誤解のないように留意しておく必要があります。葬式が終わってから、予期していた以上に現金が必要であったということのないように、あらかじめ、調査を行っておくことが望ましいです。

亡くなってからあわてて葬式の手配をすると、値段のことだけではありませんが、納得できないままで式を執行していしまうことがあります。複数の業者に対しての見積を行い、希望に合った形の儀式が行えるように、内容と値段を提案してくれるように依頼しておくことです。そして、その中から、最も適している葬儀社にお願いするのが賢明なやり方です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *