葬儀の費用が捻出できない時は

一般的な葬儀を行った場合、100万円から200万円程度の出費が必要になるとされています。

もちろん参列者からの香典を葬儀費用に充てることができますが、香典で充当されるのは総額の5割から6割程度となることが多く、全ての出費を賄えるわけではありません。費用の多くは自己負担となり、残された遺族に重くのしかかることになるのです。故人が葬式代を残しておいてくれれば問題ないのですが、そうでない場合は費用の捻出に困ることになります。自分自身の生活が苦しい場合や、子育てなどで自らもお金を必要としている場合などはかなり困難です。

そこでこのような事態では葬儀そのものを簡素化するという方法が有効です。葬儀の形式はなにも法律で定められているものではありません。個人の資産状況に応じたものをおこなえばいいのです。もっともお金のかからない方法としては直葬と呼ばれる形式があります。これは通夜や葬儀を行わず、直接火葬場に遺体を搬送し、荼毘に付してもらうものです。

火葬料金だけで済みますので、自治体にもよりますが数万円程度の出費で収まります。またせめて僧侶による読経くらいはしてあげたいという人は、火葬場まで僧侶に来てもらい、読経を挙げてもらうことも可能です。業者によってはこのような葬式のプランを用意しているところもあり、最低限の形式を満たしたセレモニーを低料金でおこなえるものも存在しますので、興味がある人は事前に調べておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *