葬儀の形体も様々です

核家族化が進む以前では、葬儀というとたくさんの参列者で立派な祭壇があるものが通常でした。

感覚的にも故人の知り合いなどにもたくさんきてもらうということが通常であり、参列者側も遠方ですと出席するのも大変な場合がありました。昨今は、核家族化が進んでいることから出席者の負担や費用などの様々な大変負担を軽くすることから葬儀の方法もかなりいろいろなものが行われるようになりました。本当に身近な家族だけで行う家族葬、時間をかけずに行う直葬などがあります。

故人の希望を組んで行う音楽葬や海洋葬というものがあります。音楽葬は故人の好きだった音楽を葬儀に流して行うものです。場合によっては葬儀にふさわしくない曲になってしまうこともあります。海洋葬は、遺灰を海に撒くというものです。こちらの場合は、海のどこにでも勝手に撒いてよいものではありません。どちらにしても専門の業者に相談することでスムーズに行うことができます。

また、業者についても比較することが大事です。元来、冠婚葬祭に関することは普段からあるものではないので詳しいことがわからないことが殆どです。もちろん、価格にしても相場がわからないことが多いものですので、相場を知っておくことで適正な価格で行えるといえます。かといって、葬儀は突然にやってきてすぐに決めなくてはならないものです。なので普段から知識として知っておくためにもどのくらいのものなのかを調べておくのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *