色々とある葬儀の形態

葬式は、その属している宗教によって、様々な方法があります。

そして、その属している宗派によって、当然ですが金額も違ってくるのが通常でしょう。今では、自然葬といって、海に散骨する自然葬等といったものもあり、この場合は、お寺の坊主に高い金を払う必要もありません。実際、葬儀と言えば、お寺と仏教というのが出てくるのはどうかしいているという話もあります。では、葬儀の方法にはどの様なものがあるのでしょうか。

世間的に良い形で葬式に出てもらって、そのうえで、何も言われない、皆、これが狙いで葬儀を行うのではないでしょうか。葬式を済ませて、気づいてみれば金が無いとなれば、大変なことになります。では、どうすればよいのでしょうか。最も良い方法は、キリスト教や神式で行えばよいのではないでしょうか。なぜなら、仏教の場合は、戒名のランクによって金額が違うといった理解不能な取り決めがあるようです。そして依頼した坊主は、適当な戒名を付けて、その金は全て懐に入るといった感じです。

ついでに言えば、その寺によって金額が全く違うと言われますし、その寺に金が無くなって来れば、灯篭等を作って強引に寄進させること等日常茶飯事であると言われます。そこで、お金が無い方々には、今がチャンスです。強引に改宗してしまうのです。神は何も仏教の神だけではないのです。わが国には、八百万の神がいると言われます。神道での葬式ならば、戒名も無く、安価に葬儀を済ませることが可能だそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *