一日で行う葬儀スタイル

葬儀、告別式を一日で行うのが、一日葬です。

比較的最近あらわれた葬儀スタイルです。日数が少ないので、通常よりも遺族の身体的な負担が軽減されるというメリットがあります。喪主が高齢だったり、病気なので、身体に負担をかけられない場合にも有効です。遺族や親族が忙しくて続けて休めない、遠くに住んでいる人が多い、高齢者が多い、などの理由で二日間かけて行う葬儀が難しい場合には、一日という短い時間に短縮して行えるのでメリットが多いです。

費用についても、通夜振る舞いの費用が必要なくなるので、費用を軽減することができます。経済的負担を減らす方法としては直葬もありますが、こちらは葬儀式を行わずに火葬をするので、気持ちが込められないというデメリットがあります。それに比べると一日葬は短時間でも必要な儀式をすべて行えるというメリットがあります。ただし、一日ぎっしりスケジュールが入るので、前日から会場を押さえておいて式場に祭壇を飾るなど用意が必要です。

二日分を一日で行うからといって、費用が二分の一になるわけでもありません。また地方だと、通夜振る舞いが地域で慣習化していることもあります。それを知らずに一日葬で通夜なしでやってしまうと、後で地域の習慣を無視したなどと言われる可能性があるので、事前に理解してもらうように伝えておきましょう。葬儀の考え方は地域や宗派によって異なるので、事前にしっかり理解してもらってあとを濁さないことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *