葬儀費用を安くするには

葬儀の費用は、式のやり方や参列者の人数によって変動します。

密葬や家族葬ならば大きな会場や装飾品が不要なので、比較的安くできます。一般的な葬儀になると、接待、会葬返礼品、火葬場への車両、外装設備、お寺さんへのお布施、など細かいところでお金がかかってきます。これらは忘れがちですが、決して安くないものです。葬儀の費用を少なくするには、無駄な出費の項目を知っておくことです。肝心なのは遺族が故人を納得して送り出して、気持ちに区切りをつけることだからです。

葬儀費用は、一般葬であれば24万円くらいになります。寺院を貸し斎場にする場合には、さらに費用がかかる場合があります。公営の斎場を利用すれば、かなり安く式をあげられる可能性があります。住民ならば無料~数万円で借りることができます。ただし、数が少ないので必ず借りられるとは限らないというデメリットがあります。

最近では、きちんと故人を見送りながらも費用を抑えたいという人のために、一日葬というプランもあります。直葬だと葬儀を行わないので寂しい感じになってしまいますが、一日葬は二日間で行うスケジュールを一日に短縮して行うので、費用を抑えることができます。通夜も行わないので、通夜振る舞いの費用もかかりません。一日ですませられるので、忙しい参列者でも参加しやすい、高齢者が多くても身体に負担をかけにくい、遺族の身体的負担が軽減できる、などのメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *