葬儀の祭壇などの用意

葬儀では、祭壇や装具品を用意する必要があります。

普段縁がないものなので、選ぶ基準がわからないので悩む可能性が高いです。適当に決めてしまうと、思っていたものと違ったり、料金が高くなったりと問題が出てくる可能性があるので、しっかり考えて決めることが大切です。全くわからないのであれば、葬儀社に任せて無難なものを教えてもらうという方法が良いです。パンフレットやカタログの写真を見ながら、どれにするか決めていきます。

祭壇と装具品はセット料金になっていたり、別料金になっていたりと一律ではないので、担当者にきちんと確かめておくようにしましょう。祭壇や装具品もピンからキリまであって、オプションがつけばそれだけ高くなります。必要以上に高いものを選ぶ必要はないので、本当に必要かどうかよく考えて決めるようにしましょう。必需品は欲しいですが、装飾的な意味合いが強いものは省くなどしていくと良いでしょう。

最近では装具品と祭壇がセットになっているものもあります。しかし、必要以上に豪華な装飾がついているものも多いので、必要ないならばセットではなく個別に選ぶようにしたほうが良いです。祭壇は、一般的には白木、生花、白木と生花のセットになったものがよく使われています。生花祭壇は利用者が多く、菊花だけではなく洋花など彩りが良いものも選ぶことができます。葬儀に関して決めることは多いですから、どこにお金をかけるのかはしっかり考えておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *