葬儀の準備を少し考えて

葬儀の準備というと不謹慎な事だと思う人もいますが、誰にとってもある程度の知識程度の準備があっても良いのではないでしょうか。

葬儀というと、密葬、家族葬、一般葬などがあります。これは葬儀に参列する人数とも大きく関わってきて費用にも関係することです。いわゆる葬儀の規模になります。会葬する人が多くなれば式場の大きさも違ってきます。式場が広くなると祭壇の大きさもそれに合わせたものになる、などがあります。

それなので葬儀に参列して貰いたい人をあらかじめ、考えておく必要があります。どの程度のお付き合いのあった人に声をかけるのかなどです。家族葬であれば同居家族や血縁の濃い親兄弟など、密葬になると家族、近い親戚、親しい友人になります。一般葬は家族、近い親戚、親友、遠い親族、友人、近所の方などです。そして仕事関係の知人や家族の関係者まで広げる時もあります。

そしてその形式をどのようにするのかというのがあります。例えば仏式、神式、キリスト式とか又は無宗教の方の場合などにはどのように進めていくことを望むのか、なども考えておくのも準備になります。葬式は予定を立てて行う儀式ではありません。誰にとっても、いつそのような場合になるかは分かりません。現実になった時には誰もが慌てることになりますが前もって少しでも考えておくことは気持ちに余裕を持って対処出来ます。そして見送ることが出来れば故人も安心して旅立てることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *