葬儀へ向けて自分で準備できること

葬儀は人生の最後を彩る重要なセレモニーですが、当然ながら自分は死んでいるのでその内容に口を出すことはできません。

自分が主役のセレモニーなのに、自らの意思を反映できないのもおかしな話ですが、葬儀に関しては仕方のないことかもしれません。しかし最近はライフスタイルや価値観の変化により、個性を活かした葬儀をしたいという人も増えています。自分らしいセレモニーを実現するためには、生前から準備しておくことが重要になります。

自分らしい葬儀を実現するためには、まず自らの要望や希望をリストアップすることから始まります。それらがまとまっていなければ、遺族や業者に依頼することもできないからです。従来の形式にするのかそれとも無宗教葬にするのか、規模はどのくらいにするか、予算や場所についてまである程度は決めておきます。次に要望がまとまれば、実際に業者に相談してみます。エンディングノートなどを残して遺族に託すのも一つの方法ですが、それだと要望どおりにセレモニーが行われるかどうかは不確定になります。遺族に負担を残さないためにも自らが業者を選定しておいたほうが確実です。業者選定の際には要望を伝え、見積りも提出してもらいます。

予算は大事な判断基準となりますので、見積りをしてもらうのは必須です。また相談時の対応も業者選定の際には重要な判断基準です。予算や内容も大切ですが、葬儀は人と人の信頼関係がなければできないものですので、業者との相性の良さも必要不可欠な要素となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *