葬儀の相談をしておく事のメリット

葬儀の相談とは、緊急時の場合と事前相談を行う場合があります。

家族の誰かが亡くなった場合(最近は殆ど病院ですが)、まず遺体を自宅か遺体安置所にはこばなければなりません。その場合、今回亡くなった人に対して、担当医に「延命措置をしますか」と聞かれた時点で、どこかの葬儀社に生前予約をしていれば、後の流れが非常に楽になります。

病院で、葬儀社を紹介してくれる場合もありますが必ずしも、そこを利用する必要はありません。そのためにこそ、時間や余裕がある時に、自分が利用したいと思う葬儀社の事前相談を受けておくとよいでしょう。そのメリットは、イメージが具体的になる事と、自分にあった式場が分かることと、実際を想定した費用がわかることと、スタッフの対応がどのようなものかとか葬儀を依頼しようと思う会社の姿勢が分かります。このような問い合わせをしたからといって、必ずしも、そこの式場でお葬式をしなければならないわけではありません。

生前予約は、臨終がちかづいたときでいいですし、事前に説明を受けて居れば緊急時に電話番号さえ知っていればそこに電話を変えればすぐに寝台車が迎えに来てくれます。緊急時は、平静ではおれない状態で、すぐに、どこかに依頼をして、入院中の荷物も運びださなければなりませんし、入院費用の生産をし、お世話になった医師や看護師さんに挨拶をしなければなりません。そんな場合、生前予約があれば一番いいですが、どこの会社に予約すべきかの電話番号を知っていれば、慌てずに寝台車が迎えに来てくれるように頼むことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *