葬儀の宗教による違い

葬儀は宗教によって様式が異なります。

例えば供物を贈る際なども、宗教の違いに注意しなければなりません。仏式では、ろうそく、線香、抹香といった仏具や、日持ちのする菓子篭、缶詰の盛りかごなどです。他には生花や、故人が好きだったものを送る場合もあります。神式は、日持ちのする菓子篭や缶詰、海産物や酒、和菓子といったものもあります。線香、抹香は贈ってはいけません。これらはあくまで仏式の時のみです。

キリスト教式では白い花を使った供花だけを送ります。菊の花などは使わず、洋花などを送りましょう。香典を送る際も注意が必要です。そもそも、この香典という言葉は仏式であり、神式やキリスト教式の時には使いません。葬儀に参列する際は、この宗教の違いを意識して、うっかり神式やキリスト教の葬儀の際に香典という言葉は口にしないようにしましょう。仏式の場合は水引を用います。色は白黒、双銀です。表書きは、御香典、御香料といった言葉を書きます。

神式の場合も水引を用います。結び方は結びきり、色は双銀、双白などです。表書きは、御玉串料、御榊料、御神饌料といった言葉を書きます。キリスト教式の場合は、水引なしの白封筒を使います。表書きは御花料などです。余談ですが、水引は、結び方は結んだらほどけない結びきりにしましょう。不幸が二度あってほしくないということを表す、重要なことです。ほどけてしまう結び方は失礼に当たります。このように、宗教によって葬儀の違いがとてもあります。相手に失礼にならないよう気を付けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *