馴染みのない宗教宗派の葬儀に参列したら

しばしば「日本人は良くも悪くも宗教や信仰に関することにはこだわらない」と指摘されます。

しかし実際には必ずしもそう言い切ることはできません。特に人が亡くなった時に行われる葬儀に関しては往々にして故人や遺族の信仰(いわゆる無宗教・無神論も含む)がオープンにされますし、そうした信仰は尊重されるべきです。故人との公的・私的なつながりのため、自分にとって馴染みのない宗教宗派に則った葬儀に参列する可能性もあります。そうした場合その宗教宗派を知らないからといって、故人や遺族の信仰に対する敬意を欠いた言動は固く慎むべきです。

敬意を欠かないためには、例え自分がそうでも「日本人は自称仏教徒の無宗教だ」という固定観念を時には疑い、普段から多少は自分にとって馴染みのない宗教宗派の冠婚葬祭でのしきたりに関心を持つことが大切です。例えばキリスト教式のうちカトリック式や正教会式の葬儀だと、信者(あるいは信者になることを志願する人)は祈りの際に「十字を切る」というしぐさをします(カトリックと正教会では、若干作法が異なります。なお同じキリスト教でも、プロテスタント諸派では一般に十字は切りません)。

参列する方が信者や信者を志願する人でない場合、あるいはキリスト教信者でもプロテスタント諸派の場合には、十字を切るよりも代わりに合掌一礼する方が、作法を間違えた、あるいは自分の信仰とは違うと思いながら渋々十字を切るよりも礼を失しません。また、仏教式でも宗派によってしきたりが異なる点も多く、例えば浄土真宗式の葬儀では一般的に帰宅後にいわゆる清めの塩は使いません。また、この清めの塩の習慣は本来の仏教に由来するものではないため、地域によっては他の宗派でも廃止するところも出ています。しかしどうしても気になるという方は、葬儀への出発前にご家族に頼んで(単身世帯の方は自分で玄関に準備して)清めの塩を準備しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *