地域によって違いがある葬儀のマナー

家族や知人が生涯を全うし、お別れの際に儀式を行います。

多くは仏式となりますが、神式、キリスト教式など、故人が信心してきた宗教や宗派によって、葬儀の仕方も変わってきます。参列する場合、故人の宗教・宗派がいずれであろうとも、その宗教や宗派の内容や葬儀の進み方を知らないことは、特に失礼に当たりません。儀式の進行に合わせて、故人とのお別れを惜しむ気持ちを表せばいいでしょう。男性はブラックスーツにブラックタイを合わせれば順礼装になります。

女性も黒を基調とした洋服や着物になりますが、洋服の場合アクセサリーは真珠以外着用しない方がいいでしょう。香典はあえて新札でなく、通常流通しているお札でかまいません。新札は、準備していたと誤解される恐れもあるということです。しかしながら、地域によって大きな違いがあるのが葬儀の特徴です。昔からのしきたりや慣例で、例えば追悼に参列するのは通常お通夜なのか、また本葬の告別式なのかということも地域によって全く違います。

慣れない地に引っ越してまだ間もなく、まだ何もわからないというときには、その地域の知人に相談するのがいいでしょう。知らないというだけでマナーがないと誤解される場合もないわけではありません。それまで住んでいた地域のやり方が正しいというわけではないのです。また、家族がなくなって葬儀を執り行う場合、菩提寺の方や地域の葬儀社に相談すれば、間違いはないでしょう。参列した経験があっても、執り行う側の様々なことは数多いものです。その地域での慣例も熟知していますので、参列者に対する失礼も避けることができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *