葬儀に用いる写真について

家族の誰かが病気や事故などで亡くなるというのはとてもつらい出来事です。

しかし、亡くなったならまずはその現実を受け止める必要があります。そして、お別れをするために葬儀の準備をする必要があります。例えば、遺影に用いる写真を準備する必要があるでしょう。今は、葬儀に用いる写真をあらかじめ生前に撮影したり、用いてほしい写真を準備する人が増えていますが、もし故人が準備していないのであれば、残された遺族が故人のアルバムの中から、ふさわしい写真を探す必要があるでしょう。

では、どんな写真がいいのでしょうか。それは、参列した人や遺族の気持ちが和むような写真です。少し歯を見せているような笑顔の写真ですと、なお望ましいでしょう。葬儀の場というのは、とても悲しい雰囲気が漂うものです。そんななか、故人の幸せそうな笑顔の写真をみるなら、遺族のみならず参列者も慰めとなることでしょう。

明るい表情の写真であることに加えて、できるだけ最近の写真を用いるようにしましょう。本人かどうか確認できないほど何十年も前の写真を用いることは控えるようにしましょう。自分だったらどんな写真を用いてほしいか、という気持ちで写真を選びましょう。葬儀は、写真選びのほかにもたくさんすべきことがありますが、何から手を付けたらいいのかわからない時は、葬儀会社の人にいろいろ聞くなら、手順や行わなければならない準備などはわかりやすく教えてくれるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *