葬儀は故人の意思を尊重して

葬儀を執り行うとき、どうしようか迷うのは喪主や施主と言えるでしょう。

なぜかというと、周りの人たちが様々な意見や提案をしてくれるからです。会社関係の人、親戚の長老、近所の人たち、そして葬儀屋さんなどです。もちろん、皆さんは意地悪いわけではなく、親切な気持ちからですが、一致した結論になればいいのですが、細部に至るまでとなると、かなり違ってくるし、複雑になります。たとえば、広報にしても、新聞に掲載してもらおうかというようなこともあります。祭壇の飾りつけにしても、立派がいいとか普通でいいとか人によって違います。

まして、施主が郷里に戻って親の葬儀を仕切るとなると、葬儀屋さんもお父さんの生前のご活躍からするともう少し立派な方がよろしいはずですよ、という具合になります。さて、ではどうしたらいいかですが、周囲のみなさんのご意見をよく聞き、取るべきものは取り上げ、切るべきものは切ることにつきます。

費用を負担するのも喪主であり施主であるからですし、お膳のグレードや戒名なども全体を見渡した中で決めればいいことなのです。でも迷ったら、故人が自分で決めるなら、どうするだろうかと推測することが一番いいことです。そんな勿体ないことをしなくていいよ、なのか、せっかくだから皆さんへの感謝も込めて盛大に、と言いそうなのかなどを、故人の立場で判断するということです。そして、周囲の皆さんに説明するときには、「故人の意思を尊重」させていただきましたと言えば、誰しも非難はしません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *