お葬式におけるマナー

冠婚葬祭の一つであるお葬式ですが他のものと同様に最低限のマナーが存在します。

まず、弔事の服装について遺族側の服装は最低限のエチケットとして弔問者や会葬者などよりも軽い服装になってはいけないことです。通夜の時には一般的に準喪服を着ます。このとき、男性の場合黒か紺のダークスーツで白いワイシャツに黒いネクタイ、黒い靴下に黒靴にします。女性の場合は光らない布地の黒か紺、濃いグレーのワンピースやツーピースを着ます。そして化粧は出来るだけ薄めにして、口紅類は用いないのが原則です。

お葬式での供物については、出来るだけ早目に届けるようにします。供物としては一般的に花輪、生花、菓子、酒、線香やろうそくなどを用いるのが一般的です。また、信仰している宗派によって送る供物に気をつける必要があります。飾り方も決まっているので現金のほうが無難です。お葬式において必ず執り行われる葬儀についても、段取りを決めます。そして出来るだけ早く葬儀を行います。

葬儀によって火葬をすることが一般的ですが、火葬を行うためには火葬許可証が必要になります。この火葬許可証を入手する方法は故人の死亡届を提出しないと交付されません。死亡届は法的手続きとして死亡した日から7日以内にお提出する必要があります。この死亡届は24時間いつでも提出することが出来ます。また死亡届の用紙は役所や病院、葬儀社にあります。死亡の仕方によってとるべき手続きが異なります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *