お葬式の服装マナーとは

お葬式には何度か参列しているけど、なんとなく黒っぽい物をそろえているだけで実はあまりマナーがわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

知っているといざという時に安心なお葬式の服装マナーについてみていこうと思います。まずはお通夜。現代ではお通夜と葬儀・告別式の概念の垣根が低くなっているため、両方とも喪服(ブラックスーツ、ブラックフォーマル)を着て行く人が多いですが、元々はお通夜は親しい人が急きょ駆けつけるといった意味合いが含まれています。そのため、喪服ではなくて黒やグレー、濃紺などの平服で、女性は肌色ストッキングでも問題ありません。

ただし、訃報を聞いてから準備をする時間がある場合は喪服を着て行くのが無難です。葬儀・告別式のいわゆるお葬式は必ず喪服で参列します。男性はブラックスーツに黒ネクタイ、黒靴下、黒い靴、女性はワンピースかツーピースのブラックフォーマルに黒ストッキング、黒いハンドバッグに黒い靴。

鞄と靴の素材は光沢のない革(合皮)か布が好ましく、金属の飾りが付いていないものにします。アクセサリーは結婚指輪程度で、女性はパールの一連ネックレスのみつけて大丈夫です。化粧は薄め、ネイルはしない方が好ましいですが、どうしてもしたい場合はナチュラルなものにします。髪も一つに束ねるなど、さっぱりとシンプルにします。冬場はファーなど殺生を連想させるものはマナー違反となりますので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *