お葬式の会葬者にはお礼状を

故人のために足を運んでくださった方(会葬者)には、当日に会葬礼状と呼ばれるお礼状を渡すのが一般的です。

会葬礼状は、四十九日法要の頃に香典返しと一緒に出す忌明け挨拶状とは異なるものですので注意しましょう。会葬礼状は、お葬式かお通夜の当日に、お礼の言葉とともに記帳をした会葬者に手渡しをするのがベターです。作成が間に合わず手渡しが難しい時や、生前の故人と親しかった方に個別でお礼をしたい場合には、お葬式からなるべく日を空けずに郵送します。会葬礼状は、会葬者が自宅に帰った時にお清めできるよう、塩の入った小さな袋と一緒になっている形が多いです。

お葬式の時に直接渡せるときは宛名が特別必要ではなく、多少余っても良いので予想した会葬者の数よりも余裕を持って用意しておきましょう。手書きのものでももちろん大丈夫ですが、バタバタと忙しい準備の最中は喪主にとって時間がとても貴重ですから、喪主がおおまかな数を確認し、テンプレート化してある文面から選んで葬儀社が手配する流れが一般的です。

お葬式に参列できなかった方の中には、弔電、お供え物、お花を下さる方もいます。こうした方にはお葬式の後、早めにお礼状を送ります。会葬礼状と意味合いは同じですが、参列してくれた方へのものではないので、文面を変える必要があります。できるだけ手書きで、弔電を下さった方には「ご丁重な弔電を賜り厚く御礼申し上げます」というように、頂いた品の内容が分かると気持ちが伝わりやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *