知っておきたい葬儀の流れ

葬儀は、亡くなった人を見送る大切な儀式ですが、深い悲しみの中、慣れない手続きを進めなければならず、心理的な負担は大きくなります。

一般的な流れを知って、いざというときに備えましょう。病院で臨終を迎えた場合には、遺体を搬送しなければいけません。葬儀社に連絡して手配しますが、決まっていない場合には病院から紹介してもらえます。搬送を依頼する場合には、前もって搬送先を決めておく必要があります。従来は自宅に安置しましたが、最近では自宅外に安置するケースも多くなっています。死亡診断書をとり、菩提寺に連絡してから病院を出発します。

遺体を安置したら、葬儀の打ち合わせを行い、枕経を上げた後に納棺します。通夜は、かつては夜を徹して故人の枕元に付き添いましたが、最近では夜6時か7時くらいから弔問客を迎えて、1~2時間の法要を行うようになりました。受付周辺は照明をつけて、出入り口を開け放しておきます。通夜翌日の日中にお葬式が行われます。従来は葬儀式と告別式に分割されていましたが、時代の流れとともに変化を遂げました。

お葬式後を終えたら、出棺です。棺を霊柩車に乗せて火葬場に運ぶもので、遺族や近親者がついて行きます。マイクロバスやタクシーの手配が必要な場合には、あらかじめ人数を把握して業者に伝えておきます。火葬後、骨上げが終わったら、式場や自宅、寺などで還骨法要を行います。還骨法要を自宅外で行った場合でも、自宅には後飾り祭壇を整えて、遺骨と位牌を49日まで安置します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *